so-net速度

so-net光プラスの速度対策で基本中の基本【v6プラス】

作者:たいぞう

こんにちは。

so-net 光プラスを使っていると速度低下に落ちるときがあります。

対策は色々ありますが一番重要なの v6プラスへの加入です。

v6プラスはso-net光プラスを利用するにあたり速度対策も最も基本的なサービスのひとつです。

v6プラスは光コラボやフレッツ光を使う上で今や必須のサービスです。

v6プラスとはどのようなサービスなのでしょうか。

 

v6プラスとは

V6プラスとはIPoE方式による通信サービスを指します。

インターネットの接続方法にはIPoEとPPPoEの二つがあります。

PPPoEというのはプロバイダーから掲示されている接続用のIDとパスワードを使って設定する方法です。

一方IPoEというのは接続用のIDとパスワードが不要でインターネット接続ができます。

 

PPPoEの仕組み

ここでPPPoEの通信の仕組みをしておく必要があります。

PPPoEというのはNTTの設備である網終端装置というのを通過していくことでインターネットに繋がります。

網終端装置というのは高速道路でいうと料金所と思っていただくと分かりやすいと思います。

PPPoE接続において速度低下に陥る多くの理由はこの網終端装置で混雑が起こることが原因です。

PPPoEにおいて速度改善するためには網終端装置を増設するほかありません。

網終端装置はNTTの設備のため光コラボ事業者であるso-netからNTTに増設の依頼をかけます。

とはいえすぐに着手してもらえるはずはありません。

設備の増築には時間もかかりお金もかかるため即効性のない解決方法です。

そこで満たされたのはIPoE方式による接続です。

 

v6プラスの仕組み

IPoE方式というのは網終端装置を通過しないことでインターネットにつなげることができます。

この仕組みをv6プラスは採用しています。

しかしIPoEというのはIPV6だけが利用できるのでIPV6未対応のサイトはPPPoE方式に切り替わって接続されてしまいます。

v6プラスはIPV4であってもIPV6のカプセルの中に入れて通信を行い、目的地手前でIPV4に切り替えることで通信を安定をはかることに成功しました。

v6プラスは料金もかからずv6プラス対応ルーターさえあれば利用することができます。

実際に以下の表を見てください。

時間帯 Ping 下り 上り
14.38ms 275.47Mbps 200.56Mbps
26.78ms 254.78Mbps 216.95Mbps
夕方 25.45ms 149.36Mbps 170.4Mbps
29.31ms 92.08Mbps 153.8Mbps
深夜 29.96ms 185.47Mbps 159.17Mbps
時間帯 Ping 下り 上り
20.13ms 328.6Mbps 207.69Mbps
18.93ms 371.66Mbps 236.63Mbps
夕方 21.56ms 303.17Mbps 208.86Mbps
18.96ms 294.17Mbps 207.27Mbps
深夜 16.76ms 329.49Mbps 211.77Mbps

 

上がPPPoEでの通信速度、下がIPoE(v6プラス)での通信速度です。

こうして見るとどちらが早いかは一目瞭然です。

時間帯にかかわらずv6プラスの方が安定しているのがよくわかります。

so-net 光プラスを利用する上でルーターの買い替えやパソコン設定の見直しを行う前に、必ずv6プラスに申し込みをしているのか、そしてv6プラスが使える環境にあるのかを確認するようにしましょう。

  • この記事を書いた人

作者:たいぞう

-so-net速度

© 2021 so-netインターネットサービス|快適に使うための回線速度向上術 Powered by AFFINGER5